ランプベルジェ最新の記事

ランプベルジェ(Lampe Berger)とは?

Lampe Berger社は、パリの薬剤師であったマルセル・ベルジェが創設した芳香アロマ製品の研究・開発をしているフランスのメーカーです。
エッセンシャルオイルに天然オゾンアルコールを溶け込ませる技術や独自のバーナー芯(触媒芯)を用いてアロマオイルの燃焼温度を常に60℃に維持する技術(共に国際特許取得)を開発し、その独自の技術と安全性(国際安全認証・ISO-11014を取得)でフランス国内における芳香アロマ消費量の70%を占めています。
また、ランプベルジェ社のアロマランプは芸術性豊かなデザイナー達の手により、室内インテリアやコレクターズアイテムとしても高い評価を得ています。

※すべてのアロマランプはフランスのデザイナーによりデザインされています。陶器製のアロマランプはフランスの文化国宝といわれるリモージュ磁器です。

 

 はとバスで東京観光  糖質オフのパンが登場  ペコロジーボトル

ランプベルジェについて

ランプベルジェ社のアロマランプは芸術性豊かなデザイナー達の手により、室内インテリアやコレクターズアイテムとしても高い評価を得ています。
カテゴリー
更新履歴
ランプベルジェ(Lampe Berger)とは?(2009年6月20日)
ランプベルジェは世界唯一の燃焼型芳香器(2009年6月20日)
芸術作品としてのランプベルジェ(2009年6月20日)
ランプベルジェの使い方(2009年6月20日)
アロマテラピー(アロマセラピー)をやってみよう(2009年6月20日)